社会福祉法人なごみ和/カフェ&レストラン白壁倶楽部 支配人 深田 哲士様

お客様の声 / 2016年5月30日

国登録有形文化財(H8.12.20)、県の建物100選に選定(H8)。明治41年(1908)旧第三銀行倉吉支店として建造された。複数の金融機関を経て現在に至る。疑洋風建築の好例。 土蔵造2階建 瓦葺 建築面積(登録面積)179㎡(54.15坪)
shirakabe_club_5
建物の特徴店舗
延床面積1F:138.67㎡、2F72.37㎡(168.48㎡)
場所倉吉市魚町2540-1
備考白壁倶楽部改修工事、所有者:協同組合倉吉大店会

Photo Gallery

shirakabe_club_1

shirakabe_club_2

shirakabe_club_3

shirakabe_club_4

r_shirakabe_club_5

shirakabe_club_6

shirakabe_club_7

shirakabe_club_8

shirakabe_club_9

shirakabe_club_10

shirakabe_club_11

shirakabe_club_12

shirakabe_club_13

shirakabe_club_14

shirakabe_club_15

shirakabe_club_16

shirakabe_club_17

shirakabe_club_18

shirakabe_club_19

 

1 白壁倶楽部のコンセプト

 障害のある人たちとプロのスタッフが共にはたらき、汗を流しながら、切磋琢磨の中で最高のおもてなしを目指し挑戦し続ける空間。
白壁土蔵群・赤瓦地域の一員として、町おこしに積極的に関わることにより、町と福祉とが共存共栄する姿を提示し体現することを目指している。

 

2 改修工事の経緯

 街から離れた所ではなく、街中に障害のある人が働く場所を設けたかった。
倉吉大店会の利用は、倉吉の観光の中心で障害者の人たちと、地域活性、音楽・美術・歴史文化の発信に関わることができる。
また、東京からUターンしてきたシェフと共に、先ずは美味しいフレンチを根付かせ、更には赤瓦の一員として倉吉へのリピーター増加に貢献でればと思う。

 

3 こうすれば良かったなと思うこと

結婚式で使えるような個室(控え室など)が作りたかった。

 

4 お気に入りのポイント

2階は明治時代の銀行のままで、町の人に会合などで活用してもらえる。

 

5 向井組を選んでくださった理由

 伝建地区の改修・修繕工事の経験が豊富な会社であること。
社会福祉法人和の八渡施設長、当社社長と同級生であったこと。

 

6 向井組の仕事の印象

 担当の現場監督さんは、親切で協力的、いい人でよかった。
古い建物なのであちこち不具合が出るが、対応が早くて安心。

 

7 ひとこと

壁などの改修がこれからもあると思うが、向井組と付き合っていきたいと思う。

 

8 満足度を5つ星で表すと

★ ★ ★ ★ ☆